皮フ科と美容皮フ科の違い【ニキビ治療はどちらへ行くべき?】

皮フ科と美容皮フ科の違い【ニキビ治療はどちらへ行くべき?】_くま子の美容医療ブログ 美容医療

ニキビや肌荒れなどお肌のトラブルがあったとき、シミやほくろを取りたいとき、みなさんはどこに相談していますか?

今回は街中でよく見かける「皮膚科」と「美容皮膚科(美容クリニック)」の違いについてお伝えしたいと思います。

皮膚科と美容皮膚科の違いとは

簡単に言うと、お肌の病気を治すのが「皮膚科」、よりキレイなお肌を作るのが「美容皮膚科」となります。

皮膚科=保険診療、美容皮膚科=自由診療というイメージが強いかもしれませんが、なかには保険診療と自由診療の両方を扱っているクリニックもあります。

  • 皮膚科:保険診療。かぶれ、湿疹などの皮膚疾患を治療するところ

一般的な皮膚科というのは、かぶれ・湿疹・ニキビ・水虫などの皮膚病や皮膚疾患を治療するところです。
健康保険適用の範囲内で治療が行われるため費用は3割負担で受けることができますが、治療法は保険適用のもののみに限られます。

  • 美容皮膚科:自由診療。肌トラブルを改善し、美肌を作るところ

美容皮膚科は肌に詳しい専門のドクターが診察を行い、肌トラブルやお悩み、コンプレックスを解決し、美肌を作り出すための専門の医療機関です。
自由診療で保険適用外となりますが、最先端の技術や機器を使用できるため、効果的に美肌を作ることができます。

【皮膚科と美容皮膚科ではそもそもの目標が違う】
保険診療の皮膚科は、「疾患を治す」ことだけに注力するよう、保険制度で決められています。なので保険診療では、病気がない人に、ただ美肌を目指すだけの治療をすることは禁止されています。そういった意味でも効果に大きな違いがあります。
引用:ニキビLabo

皮フ科と美容皮フ科の違い【ニキビ治療はどちらへ行くべき?】_くま子の美容医療ブログ

ニキビ治療でもこんなに違う

例えばニキビ治療の場合、一般的に皮膚科では主に飲み薬・塗り薬(保険適用範囲のもの)で治療を行いますが、美容皮膚科では薬の処方に限らず、ピーリングやレーザー照射、ホルモン治療などがあります。

皮膚科(保険適応)のニキビ治療

  • 抗生剤やビタミン剤、漢方などの内服薬の処方
  • 抗菌剤やステロイド剤、ピーリング作用のある薬などの外用薬の処方
  • 皮脂の押し出し(面ぽう圧出/めんぽうあっしゅつ)
  • ステロイド注射(成分によっては保険対象外の場合もあり)

美容皮膚科(保険適用外)のニキビ治療

  • ケミカルピーリング
  • レーザー治療
  • 光(IPL)治療(フォトRF、フォトシルクプラスなど)
  • イオン導入
  • ホルモン療法(ピルなど)

皮膚科と美容皮膚科、ニキビ治療ではどう使い分ければいい?

ニキビ歴10年、もともと美容クリニックで働いていた私がおすすめするのは、皮膚科と美容皮膚科の両方を使い分けること。

例えばニキビ薬としてよく使用されるダラシンなどの塗り薬や抗生剤・ビタミン剤は、皮膚科と美容皮膚科のどちらでも処方可能ですが、皮膚科のほうが保険診療となるので費用を抑えることができます。

ただし、薬の使用だけではなかなかニキビが改善できない場合もあります。その場合はケミカルピーリングやレーザー治療など、「保険適用外だけどニキビに有効な治療」を試してみてはいかがでしょうか。

保険診療でできることは皮膚科へ、レーザー治療など保険診療でできないことは美容皮膚科へ相談してみるのが、ニキビ治療の費用を抑えるコツです。

私の場合は10年以上皮膚科(保険診療のみ)に通っていましたが、薬だけではなかなか治らず、薬をやめてはニキビが再発して、また薬を飲んで‥の繰り返しでした。以下の別記事でニキビ克服日記を綴っているので、ニキビを治したい方、断薬したい方へのご参考になれば幸いです。

 

ニキビ治療のためのケミカルピーリングは保険が適用される?

ニキビ治療としてよく利用されるのがケミカルピーリングですが、残念ながらケミカルピーリングは保険適用外となります。

ケミカルピーリングは薬剤を肌に塗り、古い角質や皮脂を除去して肌のターンオーバーを正常化する治療。
エステなどでも受けることはできますが、濃度や使用する薬剤には厳しい制限があるため、ニキビ治療目的で通う場合は医療機関をおすすめします。

ケミカルピーリングの口コミ&効果_ケミカルピーリングの施術の様子

ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴール)の効果【体験談】

2018/07/09

ニキビを治して、美肌になりたい方へ

次々とできるしつこいニキビも悩ましいですが、クレーターや色素沈着になってしまったニキビ跡も困りもの。
これらは内服薬や外用薬だけではケアが難しいかもしれません。

  • 「ニキビを治すだけでなくニキビ跡も治したい」
  • 「ニキビ跡がクレータ―になってしまった」
  • 「シミやホクロを取りたい」

そんなお悩みは美容皮膚科の得意分野です。
美容皮膚科では、ニキビ治療以外にもこんなことができます。(※取扱いメニューはクリニックにより異なります)

美容皮膚科でできること

  • シミ、そばかす、くすみ、肝斑の改善
  • ニキビ跡、色素沈着のケア
  • たるみ、リフトアップ、エイジングケア
  • シワ、ほうれい線の改善
  • ほくろ、いぼ、アザの治療
  • 切らないプチ二重術、小顔術、隆鼻術
  • プチ整形(ヒアルロン酸、ボトックス注射など)
  • 医療レーザー脱毛
  • 医療痩身(脂肪溶解注射、痩身マシン、痩身薬など)
  • 美容注射、美容点滴
  • ピアスの穴開け

まとめ

皮膚科(保険診療):かぶれ、湿疹、ニキビなどの皮膚疾患を治療することが目的

保険診療の皮膚科は費用を抑えつつ最低限のニキビを治したい方、軽度のニキビの方におすすめ。

  • メリット:費用が抑えられる
  • デメリット:治療方法が保険適用内のものに限られてしまう

美容皮膚科(自由診療):肌トラブルを改善し、美肌を作ることが目的

薬の治療だけではなかなかニキビが治らない方、ニキビだけでなくニキビ跡も改善したい方、ケミカルピーリングなど保険適用外の治療に興味がある方におすすめ。

  • メリット:さまざまな医療機器や薬剤が使用できるため、症状に合わせた治療ができる
  • デメリット:保険適用外のため、費用が高い

お肌のお悩みは、まず専門家に相談してみましょう。
長年治らなかったニキビがあっという間に治った!気になっていたホクロが簡単に取れた!など、悩みが解決できるかもしれません。

美容医療オタクの私が通っている、おすすめ美容外科

美容医療オタクの私が通っている、おすすめ美容外科【4選】

2019/12/04